2021年2月25日 木曜日 科学の不思議を体験~年長組~

IMG_3421 IMG_3413 IMG_3398 IMG_3427 今日は、ばら組、ふじ組が、でんじろう先生の科学あそび、不思議な物体「どろりん」を体験しました。 

力を加えている間は固まりますが、力を緩めるとドロドロの液体になる不思議な「どろりん」。子ども達は何が始まるのかわくわくドキドキで、目を輝かせていました。

ばら組は、一人一つの紙皿に「どろりん」の素と150mlの水を入れ、手で混ぜていきます。最初は気持ち悪がって恐る恐るの子ども達。
どろりんの素が水と混ざるにつれて、違った感触になっていき、子ども達の目がキラキラしてきます。水と混ざったらぎゅっぎゅと力を入れてお団子を作り、その後手をぱーにすると、みんなの大歓声!
「うわーーーどろどろになったぁ!!」
「楽しいなぁ♪」
子ども達は大喜びでした。
自分たちの作って遊んだどろりんを風船に入れて持ち帰るので、お家でも遊んでみてください。


ふじ組は、「どろりん」の上を歩くを体験!

白い「どろりん」の上に乗るのに、ちょっぴり怖いな、気持ち悪いな、と思いながら列に並ぶ子ども達も何人かいました。でも、いざ「どろりん」の中に入るとじわぁーーーと足が沈んでいく不思議な感触に子どもの表情も変わります!

動かないと沈むのに早く足踏みすると、足は沈まずにどろりんの上に立てています。
素早く歩くと沈まずに歩けるけれど、ゆっくりだと沈んでいって歩けない不思議な感触に、子ども達は、「えぇ?!なんでー!?」と大興奮。
何回も何回も列に並んでは「どろりん」体験をしていました。

また明日以降に、ばら組は「どろりん」を歩く体験を、ふじ組は「どろりん」をつかむ体験をする予定です!
楽しみにしておいてね♪
※どろりんは馬鈴薯でんぷんと重曹を原材料としています。